安心して当院を受診して頂くための対策
小児科・歯科連携トップ 小児科・歯科連携トップ
小児一般小児一般

小児一般

“小児科”とは大人の内科に相当する科です。
体調や身体に異常がある場合は、まず小児科へ相談してください。必要に応じて専門医への紹介も行います。

院内に血液検査の機械があるので、問診などと併せて血液検査の結果をみて診断します。
重症ではない肺炎・気管支炎や胃腸炎については、できるだけ入院せずに治療できるよう工夫しています。
「食欲がなく何も食べてくれない」など、保護者の方が心配に思っていることがあれば、
何でも聞いてください。

“小児科”とは大人の内科に相当する科です。体調や身体に異常がある場合は、まず小児科へ相談してください。必要に応じて専門医への紹介も行います。
みずぼうそう・おたふくかぜ・はしか・インフルエンザなど、
感染力が強い病気が疑われる患者さまへ

来院されたら、院内に入る前にインターフォンでお知らせください。
他の患者さまへの感染防止のため、ご協力お願いします。

症 状

  • 発熱
  • 息が「ゼーゼー」「ヒューヒュー」している
  • いつもより元気がない
  • 湿疹
  • 機嫌が悪い
  • かゆみがある
  • 食欲がない
  • 耳の下・あごの下が腫れている
  • 腹痛
  • 口の中が荒れている
  • 下痢
  • 目が充血している
  • 嘔吐
  • おしっこが臭い・血が混ざっている
  • 鼻水
  • うんちの色が変(白っぽい・血が混ざっている)
  • せき
  • おねしょが多い

病気の種類

感染症

お子さまは感染症にかかりやすく、ウイルス性・細菌性など、その原因や病状も様々です。
ほとんどが、発熱や咳などの症状に対して、薬で対応して1週間程度安静にすることで治ることが多いです。
しかし感染中は免疫力が落ちているため合併症には注意が必要です。

感染症

ワイドバンドティンパンノメトリー

当院には、ワイドバンドティンパンノメトリーという長い名前の機械があります。
これは、耳の中の様子が外から簡単に分かるもので、中耳炎の診断などによく使います。
痛みもなく、時間もかかりません。

ワイドバンドティンパンノメトリー

呼吸器疾患(肺炎・百日咳・ぜんそく・急性気管支炎など)

「ゼーゼー」「ヒューヒュー」している時は、お子さんはとても息が苦しくなっています。
まずは早めに受診をしてください。
ウイルスや細菌・アレルギーなど原因は様々ですが、薬で症状をおさえて息を楽にしてあげる必要があります。
症状が重い場合は入院をすることもあります。

夜尿症(おねしょ)

5歳を過ぎても月に1度以上おねしょをしてしまうことが3か月以上続く場合、夜尿症といわれます。
おねしょが続くと、お子さまは自信を失ってしまうことがあります。
おねしょはお子さまの性格や保護者の方の育児方法のせいではありません。
病気であることを保護者の方が認識して、原因を把握し治療をすすめていくことが、お子さまの自尊心を保つうえでも大切です。

夜尿症(おねしょ)