エンゼルこどもクリニック

contents menu

携帯サイトは左記QRコードを読取りご覧ください。

エンゼル歯科

0564-23-3734

碧南市 小児科 予防接種 健診 診療案内 アレルギー疾患 呼吸器疾患 インフルエンザ

〒447-0879 愛知県碧南市沢渡町92番地

 
HOME»  診療案内

診療案内

小児科一般外来

小児科全般に関わることに対応いたします。
感染症を始め、アレルギー疾患、呼吸器疾患、発育・発達などお子様における内科的疾患全般に対応いたします。

感染症

上気道炎(かぜ)、気管支炎、肺炎、中耳炎、溶連菌感染症、プール熱(アデノウイルス感染症)、RSウイルス感染症、インフルエンザ、マイコプラズマ感染症、とびひ、みずぼうそう、おたふく、はしか(麻疹)、風疹、細菌性腸炎、ノロウイルス・ロタウイルス胃腸炎、尿路感染症など

アレルギー疾患

気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、アレルギー性鼻炎、花粉症など

神経疾患

熱性けいれんなど

その他

発育・発達に関するご相談など

point特に感染症に関しては血液疾患と並び得意とする分野です。院内に生化学測定装置(肝機能や腎機能、電解質などを測定する機器)を備えることにより、重症ではない肺炎や気管支炎・胃腸炎などについては出来るだけ入院せず外来で治療できるように工夫しております。

インフルエンザ・みずぼうそうなど感染力の強い病気が疑われる患者さまへ

当院には感染症の患者さん専用の診察室がございます。みずぼうそう(水痘)、おたふくかぜ(流行性耳下腺炎:ムンプス)、はしか(麻疹)、風疹やインフルエンザなど感染力が特に強い病気が疑われる場合は受付にてスタッフにお声をかけていただくが、クリニック西側(裏手)の入口にお回りください。他の患者さんへの感染防止のためご協力お願いいたします。

 

小児血液内科

小児血液内科という診療科になじみのない方も多いと思われます。
血液内科とは主に赤血球、白血球、血小板など血液の成分が異常値を示したり、リンパ節が腫れたりする病気の診療を得意とする科です。具体的には各種の貧血や血小板減少症、白血病、リンパ腫などが挙げられます。

・健康診断で白血球、赤血球、血小板の数値やその内容に異常があるといわれた。
・顔色が悪い
・首や腋の下のリンパ節が腫れている。
・何もしないのにあざが頻繁にできる。出血しやすい。一旦出血すると血が止まりにくい。

お子様の以上のような症状が気になるが、大きな病院までは・・・と思われるような保護者の方はお気軽にご来院ください。
またこの地方にお住まいの方で、他院にて化学療法施行中・施行後のお子様の急な発熱などにも出来うる限り対応したいと考えております。
数少ない血液専門医として、お子様と保護者の方々の不安や苦痛が少しでも和らぐよう日々努力して参ります。

 

インフルエンザ

大流行する冬が到来する前の11月頃に予防ワクチンを接種するのがお勧めですが、一般的には3~4週の間隔をおいて2回行います。受けていれば完全に予防できるわけではありませんが、インフルエンザにかかってしまったとしても、重症にならずに済むことが多いです。

 

呼吸器疾患(気管支喘息、肺炎、百日咳、急性気管支炎など)

喘鳴、咳があり呼吸が困難状態になります。呼吸をする度に、「ゼー、ゼー」や「ヒューッ」など音をたてるようになることもあります。このような場合はまず主治医に連絡しましょう。
ウイルスや細菌の感染によってかかるもの、アレルギーで起こるものがあり、内服薬で症状を抑え、吸入や投薬で対処をしていきます。症状が重い場合は入院をすることもあります。

 

感染症(風疹・はしか・おたふく風邪、インフルエンザなど)

どれもウイルス感染によってかかる病気であり、発熱や咳などの症状に対し薬で対処し、安静にしておくことで3日~1週間ほどで治りますが、免疫力が低下しているため、合併症には注意が必要です。

小児科は大人の「内科」に相当する科であり、明らかな怪我の場合を除いて、何か身体の異常が見られた場合は、まずは小児科で診察を受けましょう。必要に応じて専門医に紹介をいたします。